不動産は査定してもらってから売却

不動産を売却したいと思う場合、やはり査定をしてから売却をすると、正当な資産価値で不動産が売れることになります。
不動産査定というのは、確立されている一つのサービスですから、それを利用しない手はありません。

購入した時は2000万円もしたのだから、1700万円以下になるのは譲れないなどの思いはあるかもしれません。
しかし、不動産の価値がプロの目から見ても低い場合には、的外れの価格と言わざるを得ず、市場にそれを流したとしても、全く反応がなしで売れ残るのは目に見えているのです。

ここでは、売却する際には、絶対に利用しておきたい不動産査定について紹介していきましょう。

査定をしたい場合にはどこに依頼すればいい?

正当な価格で、なるべく損をしないように売却をするために、不動産査定が必要なことが分かったところで、一体どこに依頼をすればいいの?という疑問を持つのは当然です。

一般的には、大手と呼ばれる不動産会社に依頼をする方が多いようです。
なぜかというと、大手は全国にネットワークを持っており、現在住んでいる場所から引っ越してでも、マイホームの購入を望んでいる方などの目にも留まる可能性があるからです。

ただし、これは査定後の売却を考えた場合のメリットです。
とにかく査定をしてもらいたいという場合には、社内の規定により算出されるため、大手だからといって、高く見積もってくれるとは限りません。

むしろ利益優先という会社の場合であれば、極限まで安く買い叩き、高く売るというアクションを起こすことでしょう。
ただ、大手の場合には、インターネットなどで簡単に検索出来ますし、ホームページ内に簡単な無料査定などのコンテンツが用意されているため、とりあえずどのくらいの価値なのかを知るには便利です。

査定には種類がある

ytdyjd
査定といっても、その種類は二種類あるのをご存知でしょうか。
どちらの査定をお願いするにしても、違いというものを把握しておかないと、自分が望んだ結果を得られずに終わることになるのです。

まず一つは簡易査定と呼ばれるもの。
別名、机上査定という名前がついている通り、立地や間取り、広さ、築年数といったいわゆる「不動産情報」だけで導きだされる方法です。

これは不動産会社に一括依頼をして、どの不動産会社を利用しようか選定する際に便利です。
また、ある意味でのリハーサルというか、相場感覚を養うためには持って来いの査定方法と言えるでしょう。

もう一つが、訪問査定です。
別名、詳細査定とも呼ばれている査定方法で、所有者であるあなたが立会、不動産会社の担当者が物件の内見はもちろん、外観も確認をして、魅力的な部分はもちろん、マイナス面なども、基準から採点していくという方法になります。

実際にプロの目で細かく物件を見ながら査定するため、売却する時の評価格に近いものが算出出来ます。
間取り図上では魅力的に見えても、実際に内見してみると、階段の角度が急すぎて中高年者には向かないだとか、窓が少なく日当たりが悪いなど、実際生活をした場合のことなども考慮して査定してくれます。

ただ、プロの目とはいえ、そこは人間ですから、好き嫌いという個人的主観が入ってしまうことは、事前に覚えておきましょう。

専門家でもない限り行うべき

このようにどこに頼むのか。
そして査定の種類が分かりました。
不動産を売却したいと思ったのであれば、不動産の知識に明るいプロでもない限り、査定は必ず受けるべきです。
不動産売却・査定のことなら不動産売却査定君にお任せください
http://www.tripperclub.com/

更新情報